×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


熊野古道 その2
東岸和田〜布施屋




使用マップ(大阪府、和歌山県観光連盟)

東岸和田〜泉佐野   泉佐野〜山中渓   山中渓〜布施屋


前回の終了地点である
JR東岸和田駅の南、
引っ越しのサカイさんが
ある角からスタート。

朝の7時前から歩き
始めました。









途中で一度県道30号線に
出てすぐまた旧道へ。

しばらく行くと半田の
一里塚がありました。

高さ4m、周囲30mほどで、
ここまで原型を留めている
ものは少ないそうです。

高い建物がない時代なら、
よく目立ったでしょうね。





この区間を歩いたのは
2月中旬。

ちょうど梅の季節で
所々で咲いていました。

まだ日が昇り切って
いなかったので、
写真が暗くて
よくわからん‥。

単に撮る腕が
ないだけですね。



だんじりの車庫。
収納庫と言うのでしょうか?

岸和田のだんじり祭りは
有名ですよね。

子供のころに一度だけ
見たことがありますが、
迫力に圧倒された
思い出があります。

あとは印象に残ってるのは
わたあめかな。(笑




水間鉄道の踏切を越え、
近木川付近。

この辺りはもう貝塚市。












趣のある街並みを
抜けていくと‥















正福寺。

この辺りに鞍持王子があっ
たようなのですが、石碑
などはありませんでした。
前回の最後でご紹介した
井ノ口王子以降、池田・
浅字川・鞍持・近木・鶴原
の各王子があったそう
なのですが、それを示す
ものはなにも残ってません。

次に形として出てくるのは
佐野王子。


梅。
だいぶ日も昇ってきて、
写真でもわかるように
なりました。













佐野王子跡。
もともとは佐野王子神社が
あったそうでのですが、
明治41年に近くの春日神社
に合祀され、なくなって
しまったそうです。

ここまでスタートから
1時間半ほど。







泉佐野市に入りました。

冬場の朝8時半ごろなので
まだ影が長い。













道標には
 すぐ和歌山道
 ふどうみち
の文字が見えます。

ふどうみちの文字の
上には左向きの
指差した手が。








日根神社の御旅所。

御旅所とは祭の神輿などが
巡幸の途中で休憩や宿泊を
する場所や神幸の目的地。

注意してみていると、
街中でも御旅所を見かける
ことはありますね。

ただ、日根神社までは
直線距離でも相当遠い
ような気もしますが‥




ここ泉州地方は
冬キャベツの産地。

キャベツ畑を
よく見かけました。

歩いた頃がちょうど
時期だったので、
まるまると大きくなった
キャベツがいっぱい。






蓮ノ池。
道中いくつもの池を
を見かけました。
(農業用?)

「泉州」の名の由来はここ
から来ているのでしょうか?











大坂夏の陣の合戦場の激戦の舞台でもあった樫井古戦場跡。
1615年、大坂城を目指し紀伊から北上してきた徳川方の浅野軍と、豊臣方の大野軍がここで激突。
徳川方が5千、豊臣方が2万と兵力は豊臣方が優位だったのですが、地の利を生かした布陣を
ひいた徳川方の戦術と、功を焦り内輪で先陣争いをしてしまった豊臣方の失敗により
豊臣方が敗北。この結果が大坂夏の陣の勝敗、つまり大阪城の落城をもたらしたそうです。

全然違う話、かつ個人的な趣味の話で恐縮なのですが‥
ここ数年、夏に行われる大坂夏の陣と銘打った三連戦。
歴史的には大阪側が負ける戦いなので、大坂夏の陣の名前は使わないほうがいいのでは‥
事実、負け越しばっかりだし。




水なす浅漬けの販売所。
水なすも産地ですよね。

お酒の肴にピッタリ。
と思える齢になってきました。










珍しいビンの牛乳自販機。

北庄司牛乳という聞きなれ
ない会社のもの。
地元のメーカーでしょうね。

ラインナップは牛乳に、
フルーツ牛乳、コーヒー牛乳

そういやフルーツ牛乳って
最近飲んだ覚えがないなあ




道端、側溝のへりに
埋め込まれた道標。
幅が2〜30cmしかないので
溝に落ちかけない限り
見落としそうです。











JR和泉砂川駅の北側を
通過し、しばらく行くと
信達一ノ瀬王子があります。

ここでスタートから
3時間強。











金熊寺川を越えると
泉南市に入ります。

これで大阪府も
残りは阪南市のみ。











阪南市に入りしばらく行くと
JR和泉鳥取駅の近くに
波太神社の遥拝鳥居が
あります。

そのすぐ下にあるのが
長岡王子。大阪府のマップ
に掲載されている写真も
これなのですが、案内も
なにもありませんでした。







長岡王子から少し先、
左手に平安の小径と
名づけられた道があります。

距離にしたら200mぐらい
なのですが、昔のままの
山道で、大阪の八軒家浜を
出てから舗装されていない
道を歩くのはここが初めて。

この平安小径を登り、
琵琶ヶ岸懸(びわがけ)に
向かいます。



琵琶ヶ岸懸。
下に見えるのが山中川。
琵琶ヶ岸懸の名の由来は
昔、琵琶法師が熊野へ参拝
する際、琵琶を背にここまで
来たとき一陣の突風に足を
取られ転落。愛用の琵琶が
途中の崖の木に引っかかっ
ていたという。その後谷底を
流れる水音がコロンコロンと
琵琶を奏でるように聞こえる
ので、この谷を琵琶ヶ岸懸と
呼ぶようになったのだとか。

人が一人通れる程の幅しか
なく今でもかなり危険かな。


琵琶ヶ岸懸を抜けると
再び住宅街になり、
その近くには地蔵堂王子。

小さな公園の前に
ありました。










再び府道64号線へ出て
そのまま南下。所々旧道へ
入りますが、基本的には
しばらく府道を歩きます。

歩道がないところが多く、
歩くのには要注意。








大阪府内最後の王子、
馬目王子。

車道を挟んで歩道の
反対側にあるので、
道を渡るには要注意。
皆さん結構なスピードで
飛ばしてきます。








JR山中渓駅手前には
当時の雰囲気を残した
山中宿があります。

大阪と和歌山を結ぶ
街道は紀州街道とも
呼ばれています。

熊野街道、小栗街道、
紀州街道‥
ややこしい。(笑






ご覧の通り道は
石畳で整備され、
いい雰囲気です。













旧庄屋屋敷。
江戸時代中期のもの。

庄屋は村の統率者で組頭、
百姓代と共に村方の三役
で、その最上位。
代官等の命を受けて村の
統率にあたったそう。

一般には関西では庄屋、
関東では名主と呼ばれて
いたそうです。





道祖神。
山中宿の南端に鎮座され
南から邪神や疫病が入って
くるのを防いだそうな。
江戸時代紀州藩では12月に
犯罪者や悪疫の病人を
和泉国に追放したそうな。

ここではその時期戸を閉め
悪疫退散を願ったのだとか。
道祖神のおかげで被害が
少なかったといわれます。

よく考えると凄い話ですね‥


JR山中渓駅に到着。
ここまでで4時間ほど。
大阪府内のJRでは
唯一の無人駅だそうです。

無人をいいことにトイレを借り、
ホームまで入ってみました。
ホームの周りはたくさんの
桜の木がありました。
満開の頃にもう一度来て
みたいですね。




山中渓駅からは阪和道に沿うように走る県道を南下していきます。
駅から1kmほど行くと、和歌山県との県境になる境橋。そこにあるのは‥
日本最後の仇討ち場。文久三年(1863年)が日本最後の仇討ちだそうです。事の顛末は‥

土佐藩士広井大六は、同藩士の棚橋三郎に口論の末に切り捨てれられた。大六の子、岩之助は
江戸に申し出て、所謂「仇討ち免許状」を与えられていた。岩之助は加太に潜んでいた三郎を発見し、
紀州藩へ改めて仇討ちを申し出たところ、紀州藩は「三郎を国ばらいとし境橋より追放するので、
仇討ちをしたければ境橋付近、和泉側でせよ。」と伝えられた。
文久3年、岩之助は境橋の北側で三郎を待ち受け、見事に仇討ちをはたしたとされている。
これが日本で許された最後の仇討ちであると伝えられている。

今から150年ほど前までは、普通に仇討ちが行なわれていた、ってことですね。
しかし、先ほどの犯罪者や悪疫の病人を和泉国に追放した件や、仇討ちもよその国で行わさせる
紀州藩って‥。


先ほどの境橋を越えると
和歌山県に入ります。

世界遺産を抱える県
だけあって、道標も
かなり立派なものに
なっています。









県道から阪和線の踏切を
渡り、旧道へ入った所に
和歌山県に入って最初の
王子である中山王子跡が
あります。

石碑と共に案内文と
前後の王子が記載。

和歌山県内では
多少形が違いますが
色や説明方法は
この方式で統一されて
いました。



中山王子の近くにあった
手製の道標。

大正末期までこの道を
通っていたそうです。

地元の方の「誇り」の
ようなものを感じました。








また県道に戻り、
しばらく南下していきます。

ダラダラとした登り坂を
歩いていき、雄ノ山峠へ。
峠を越えた後の下りは
結構急だったので、逆から
くると大変かもしれません。

ガードレールのところに
警察の管内を分ける
案内板が。

何の意味があるのか
よくわかりませんが‥


JR阪和線のガードを
くぐった少し先で
県道から左手の旧道へ。

旧道を入ってすぐの所に
山口王子跡があります。

ここで同じ道を歩いて
いるであろう二人連れに
会いました。






和歌山市内に入ると
道にこんなものが
埋め込まれています。

その名も「導き石」












導き石はご覧のように2個セットが基本。
交差点など道に迷いそうな場所に埋め込まれ、
文字通り歩く方向を導いてくれます。

立てた案内板だと、どうしてもゴチャゴチャ
してしまいますし、導き石はいいアイディア
だと思います。
この後も導き石は随時出てきて、
とても助かりました。

難点は「導き石、導き石‥」と道路ばかり
眺めていると、景色や古い道標などを
見逃してしまうことでしょうか。(笑



川辺王子旧跡。

旧跡、というのは
江戸時代にここから
近くにある力侍神社に
遷座したとされている
ためで、遷座までは
ここにあったようです。

ちなみに「かわなべ」
と読みます。






旧川辺王子跡には
鳥居や小さな社も
ありました。

遷座したとはいえ、
近所の人々には
愛されてきたのでしょう。









田んぼや集落の中を
抜けていくと、
中村王子跡が。

跡といっても説明板
だけで、碑のような
ものはみつかりません
でした。

田んぼの中にでも
あったのかな?






力侍神社の前には
川辺王子跡の碑が。

こちらには市が作った
案内板はありませんでした。

市としては古い方を採用、
っていうことでしょうね。







力侍神社からすぐ、
国道24号線を
横切ります。

写真は渡ってから撮った
ものですが、こんな案内を
されると無理に国道を
横断する人が出そうな
気もするのですが‥








この辺りは古い街並みが
残り、いい雰囲気です。

歩く道が狭く入り組んで
いますが、導き石に従い
歩けば迷うこともなしです。










紀ノ川の土手に出ました。
遠くに見える橋が川辺橋で
あの橋を渡っていきます。

しかしデカい川です。












川辺橋から見た紀ノ川。

橋の長さはかなりあります。
この先にある布施屋の駅から
列車に乗って帰るのですが、
列車の時間まであと少し。
間に合うだろうと歩いて
たら橋が思いのほか長く、
途中でギリギリの時間に。

30分に1本なので、逃しても
待ち時間はしれてるのですが
なんとなく癪なので
途中からはダッシュです。


走ったおかげで無事
列車到着の2分前に
布施屋駅に到着。

35km弱、45,200歩で
約6時間半でした。











今回も殆ど舗装された道を歩くことになりましたが、途中、琵琶ヶ岸懸での山道や雄ノ山峠のアップダウン、
民家のないところ、昔の雰囲気をのこす集落など、街道をあるいている感じがだいぶでてきました。
2回目にして大阪から和歌山へ入ったのですが、この後は何回にも分けてずっと和歌山県内を歩きます。
それだけ和歌山県が広いということか‥とも思ったのですが、後で調べてみると、面積の都道府県ランクでは
和歌山県は30位。つまり下から数えたほうが早いっていうような位置になります。歩いて回ると日本は広い。




次(布施屋〜海南)へ    熊野古道のトップへ