×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


熊野古道 その9
熊野本宮大社〜那智(後編)



使用マップ(和歌山県観光連盟)

熊野速玉大社〜那智駅




巨大ショッピングセンターで
食事にありつけたのは
2時前になっていました。

でも休日だからでしょうか、
店内は満員でした。







少し休憩し再出発。
国道42号線を歩きます。

ショッピングセンターから
少しいった右手には
佐野王子跡。








那智勝浦町に突入です。

このあたりから、国道も
歩道がなくなります。
結構大きなトラックやバスも
ガンガン走るので、
ちょっと注意が必要。






このあたりではホエール
ウォッチングができるん
でしょうね。

さすが南紀。









JR宇久井駅前を通過。

この先少し国道を歩いて
ガソリンスタンドの奥の
道へ入って踏切を
渡ります。







新旧の道標。















小狗子峠の入り口。
こくじ、と読みます。

峠を迂回する場合は
この看板の右側を直進する
のですが、迂回する理由も
なく看板通り右手へ。








最初は石段がありました。

誰もいない中、のんびりと
歩いていきます。












倒木が多かったですね。
前の年にきたの台風の
影響でしょうか。

歩けないほどでは
ありませんでした。

中辺路と比べると
どうしても訪れる人が
少ないので、なかなか
整備できないのでしょうね。




鍛冶屋口の茶屋跡。

後にここの茶屋で猿を
飼っていたので、猿茶屋と
呼ばれていたそうです。

人気者だったでしょうね。










小狗子峠に到着。

峠といっても、そんなに
勾配はきつくなく、
歩きやすい道でした。

当然ここからは下り。









小狗子峠の反対側の
登り口にでました。

ここから再び国道を
歩きます。











国道を少し歩いてトンネルの
手前が大狗子峠の入り口。

トンネルは並行するように
2本あり、左側が旧道の
トンネル。そのさらに左側
に登り口があります。

新しい方のトンネル付近を
探してはいけません。
こういう私も新しいほうを
探してしまいました。(笑



「大」が付くだけあって、
こちらはかなり急勾配。

足元が不安定なので、
場所によっては手を
つきながら登っていきます。










大狗子峠に到着。

大狗子峠と小狗子峠を
比べてみると、

大狗子峠は勾配は急だが
距離は短い。
小狗子峠は距離は長いが
勾配は緩やか。

といった感じ。
あくまで2つを比較した
ものなので、今までの
他の峠に比べれば
たいしたことありません。

峠から下りになり、
一度舗装道と交差します。

道標が倒れていました。
勝手に立て直し、
万一間違っていたら
マズいので、
そのまま放置。




道標が倒れていたので、
下る道がよくわからなかった
のですが、どうもここを
降りるみたい。

草むらの中に突入。







大狗子峠を下りきり、
国道42号線へ。

降りきったところに
詳細な地図がありました。
これと同じ物を小狗子峠の
登り口付近につければ
助かると思うのですが。






再び国道を歩きます。

さらに道幅が狭くなり、
カーブも急で見通しが
悪いので要注意ですね









那智駅の手前で
おっかなびっくり歩いた
国道42号線ともオサラバ。












那智の街に入りました。

ゴールはもうすぐです。











民家のブロック塀の隙間に
生えるササユリ。

葉っぱの形がホントに
笹みたいです。











浜の宮王子社跡に到着。

速玉大社から3時間半。












熊野三所大神社。

浜の宮王子の跡にあり、
浜の宮大神社とも
呼ばれるそうです。

「大神社」は 「おおみわやしろ」と
読むそうです。








振分石。

紀伊半島を西側を海沿いに
歩く大辺路、紀伊半島の
東の海沿いを歩く伊勢路、
那智と本宮を結ぶ中辺路、
このみっつの道の分岐点。

昔はなにか書いてあった
のかもしれませんが、
読めませんでした。

この日はここで終了。

振分石から那智駅へはすぐ。

駅の横に温泉がありました。
列車の時間を考えると、
入る時間はありませんでした。

わかっていれば、
もっと早く歩いたのに。

リサーチ不足ですね。








那智駅までの切符を購入。

なんかレシートみたい。










熊野灘の景色を
眺めながら、電車で
新宮駅まで戻ります。

途中、所々で海が赤くなって
いました。赤潮でしょうか。

歩いていたときは、そんな
ことなかったんですがね‥







30分ほどで新宮駅に到着。

乗換えるバスとの接続に
あまり時間がなかったので
急いでバス乗り場に。








新宮駅からバスで朝車を
停めた船下りの乗り場まで
戻ります。

バスの揺れが心地よく、
危うく降りるバス停を
寝過ごすところでした。










速玉大社から那智駅まで約15kmを食事時間も入れて約3時間半。26500歩でした。
いよいよ熊野詣も第四コーナーを曲がり最後の直線。ここからは那智大社、大雲取越、小雲取越と進み、
再び本宮大社へ向かいます。他にもいろいろなルートはあるのですが、今のところ熊野詣は終了予定。
また日をあらためて別のルートを歩くかもしれませんが‥。




(那智〜熊野那智大社 前編)へ    熊野古道のトップへ