×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


西国街道(旧山陽道) その11
横尾〜本郷(前編)






福山駅前に車をとめ、
前回終了地点のJR横尾駅
へと向かいます。

約2か月ほど間があいて
しまいましたが、
再度スタートです。









横尾駅の到着が朝の6時半。
まだまだ暗いままです。

ここの踏切が前回終了地点。












大渡橋で芦田川を渡ります。
まだ月が出ていました。

GPSロガーの調子が悪く、
なかなか衛星を捕捉して
くれません。

川を渡ってからは堤防沿い
の道でなく、その下に
見える地道を歩きます。





山陽道の高架を通過。
















その後、堤防沿いの県道
378号線に合流。

二代目二本松と書かれた
石碑がありました。

隣に説明書きのようなものが
あったのですが、少し遠くて
判読できず






暫くは御幸松永線という
県道378号線を歩きます。

山手町江良の交差点の
ところには一里塚跡。












しばらくいくと左手には
湯傅の稲荷神社。














旧一本松跡。

そういえば、先ほどの二代目
二本松とここの間に三本松、
というバス停がありました。

順番が変なような
気もしますが‥









今年の干支にちなんだ標語。

かなりキツイ洒落です。
ちなみに昨年のがどんなの
だったか知りたい気も。(笑











地神などの石塔。

1つでなく、複数まとまって
あるのを何カ所かで
みかけました。











櫻美福酒造さん。

あとから調べたのですが、
どんなお酒かわかりません
でした。

備後赤坂の街に入ります。









備後赤坂の街をぬけ、
しばらく行くと右手には
立派な金比羅神社の常夜燈。













遠くに見える高架は国道
2号線の松永バイパス。

ここは右側の登り坂へ。












左手には今伊勢宮の鳥居。
















先程のバイパスを越えると、
本来の2号線に合流します。

案内標識も広島や尾道の
文字が現れてきました。

その後、福山西署の前で
右斜めの側道へ。







大明神社。
















トモテツのバスターミナル。
鞆鉄道(今はバスのみ)の
略だそうです。

トモテツ、でお笑いコンビを
思い浮かべたのは、
私だけでしょうか?









今津の街にはいると、
今津本陣跡。

石垣が立派ですね。












さらにその少し先、
連華寺のところには
脇本陣の碑も。

さらにすすんで藤井川を
渡ると、尾道市に入ります。









ここで一度国道2号線に
合流しますが、
すぐ右斜めの側道へ。













伊勢音頭と書かれた碑が
ありました。

なんでしょうかね?











尾道バイパスへ通じる道の
途中で道標がありました。

よく見ると、「右 ちかみち」
の文字。言われるままに
近道へ。










高須一里塚跡。














尾道バイパスの手前で
左手の側道へ。その後、
バイパスにあたったら
越えずにバイパス沿いに
左折します。










トラックステーション。

天然温泉&サウナの文字も
見えます。いいなあ。












トラックステーションの先に
ある新池。この新池とその
先の防士古池の間をとおり、
バイパスをくぐります。












バイパスをくぐった先は
防地峠への急な登り坂。





抜け道なんでしょうか、
結構交通量も多いです。

そういう時間帯なのかも
しれませんが、下ってくる
車がほとんどで、かなりの
スピードで突っ込んできます。






防地峠に到着。

広島藩や福山藩の領界石
なんかもありました。












登った、ということは
次は当然下り。

この坂も結構急です。













再びバイパスをくぐり、
どんどん下っていくと‥














やがて尾道の中心地へ。
















尾道の街は本当に神社や
お寺が多いですね。

いたるところで見かける
ことができます。











人気のある観光ですので、
観光客らしき人も
いっぱい見かけました。














JRの南側にある商店街を
抜けていきます。














朝の連ドラ「てっぱん」は
尾道と大阪が舞台ですね。
みてませんけど。

尾道の街中、いろんな所で
ポスターを見かけました。











「海が見える 海が見えた
五年振りに見る尾道の海は
懐かしい」

放浪記を書かれた
林芙美子さんの像。

尾道が神戸に似ているから
でしょうか。尾道は
大好きな街なんです。
訪れるのも5〜6回目かな。





林芙美子さんの像のところの
踏切をわたりJRの北側へ。
















吉源酒造さん。
創業は安政元年(1854年)
だそう。立派な蔵ですね。












サティの北側をとおり、
国道184号線を越えます。















国道を越えてすぐの栗原川を
渡ると登り坂。
本当に坂の多い街です。












坂を登ると日比崎小学校。

ここからは下りになります。














また道も狭い。
コチャコチャした道を
通り抜け、JR沿いの道に
出ると、その道を西へ。










立派な教会がありました。
ここまででスタートから
5時間ほど。


















大好きな尾道の街に来ました。ゆっくりブラブラ街を見て廻るという選択肢もあったのですが、
この日は特にどこにも立ち寄らず、先を急ぐことにしました。
尾道に来ると、必ず立ち寄る場所が2か所あります。それは御袖天満宮と千光寺。
特に千光寺から尾道の街や瀬戸内海をボーっと眺めるのが好きなのですが‥
またゆっくり訪れてみたいですね。



次(横尾〜本郷 後編)へ    西国街道(旧山陽道)のトップへ