×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


西国街道(旧山陽道) その13
八本松〜五日市(前編)






前回終了地点の八本松駅の
近くに車をとめ、朝の7時に
スタートです。

まずは駅の北側の道を西へ。












1つ目の踏切を渡り、国道
486号線と合流します。















ミスターマックスという
ショッピングセンターの
前に長尾の一里塚跡の石碑。











そのの石碑の正面に国道から
左斜めに入る側道があるので
その道へ入っていきます。













住宅街の中を
抜けていきます。
この二股は右側へ。













曲がり角にはこんな案内板が
ありました。

これなら迷わずにすみますね。
瀬野方面に向かいます。











このガードをくぐって
いきます。
ここにいも案内板あり。












ガードをくぐって突き当りを
右折、すぐにこの案内板が
あるので、案内板通り左折し、
大山峠を目指します。












しばらくは舗装された道を
登っていきますが‥













すぐに山道になります。
ここは大山駅跡の案内板が
ありました。

山の中に駅、というのも、
少し首をかしげるところも
ありますが‥








途中、こんな二股もあり
ましたが、案内板もちゃんと
あり、迷うことはありません。













とても歩きやすい道です。

峠を目指しているのですが、
登り坂も苦にならない程度。













大山峠に到着。

江戸時代ここには憩亭が
あったそうで、村人が旅人に
草鞋やいり豆などを売って
いたそうです。









旧山陽道 大山清水と
書かれた石碑。

普段はきれいな水が湧いて
いるのでしょうか。

この日は水が枯れてました。










峠から先はここからは
ゆるい下り坂。

水が流れて道が削られたのか、
ところどころ窪んでおり
歩きにくいところも。









伝大山刀鍛冶の墓をすぎ、
どんどん下っていくと、
左手には賀茂安芸郡境の碑。

いまにも倒れそうで、
小さな石柱でなんとか
もってる感じですが、
なんか仲がよさそうにも
見えます。





この先工事があるようです。

看板に「旧山陽道を通行中の
みなさま」とありましたが、
そんなにこの看板を見る人は
いないのではないかと。










旧山陽道 代官おろし跡の
石碑。

どんなエライさんでも、
ここで籠を降りて歩いた
そうな。

それだけキツイ坂だ、という
ことでしょうね。






代官おろしの先ところで
舗装道に変わります。

峠からここまで15分程度。











集落の中を下っていき、
突き当りを左折してJRの
ガードをくぐります。














線路を過ぎると
国道2号線と合流。

合流したら左へ。













この時点の気温は−2度。

前回の−5度よりは
かなりまし。

この先、国道が右へカーブ
するところ、広島クレーン
学校の看板があるところで
左の側道へ。







側道に入ってからしばらくは
瀬野川を右手に見ながら
歩いていきます。

ここで道なりにJRを ガードでくぐります。








また2号線と合流。

ここはそのまま横断して
直進します。

信号や横断歩道がないので
気をつけて。










国道を越えてから瀬野川を
橋で渡り、今度は左手に
瀬野川を見ながら歩きます。

正面に見える松が
二代目三本松。

謂れは書いてありません
でした。








しばらく旧道をいくと、
右手に凉木の一里塚跡。

この後も旧道は左に瀬野川と
2号線を見ながらそれらに
並行するように進んで
いきます。









ここで一度国道と合流
しますが、すぐまた左の
側道へ。













踏切に引っかかりました。
貨物列車だと待ち時間が
長い‥













その後、下大山の集落を抜け
再び踏切を渡ると国道に
ぶつかります。

ここも国道を横断し
直進していきますが、
カーブの途中のため、
見通しが悪く、横断歩道も
ありません。

少し右手に迂回して信号の
ある交差点を使ったほうが
安全かもしれません。



その後、県道174号を横断。

横断してすぐの所に
こんな道標がありました。













上瀬野の街に入ります。















各家庭の軒先に、種田山頭火の句がかかれたものが
ぶら下がってました。

昭和8年、山頭火が瀬野川流域を行乞行脚し、
ここ上瀬野に一泊し俳句を詠んだそうな。











上瀬野の街を抜け、
2号線を横断し、
JRを越えて線路の北側へ。

またひっかかった‥







その後、瀬野小学校の手前で
踏切を渡り、2号線に合流。

またかよ‥












しばらく2号線を歩き、
左手の瀬野小学校を過ぎた
ところで左斜めの側道へ。











右 国道
左 県道

と書かれた道標。

う〜ん‥
わかりやすいような、
わかりにくいような‥









瀬野の街に入りました。

所々、昔の風情を残す建物も
残っています。












小さな川を渡ったところに
こんな道標がありました。

この道標の隣には‥













落合の一里塚跡。

ゴミステーションと
一里塚跡がセットって
多いような気が。










瀬野の街を抜け、ここ瀬野
大橋東詰の交差点で2号線を
渡り、県道274号線へ。

ここまでで八本松から
約2時間。











この先に神社があるようです。

名前はよくわかりません
でした。












県道274号線は
安芸山陽道の名前が
ついていました。

この安芸山陽道をしばらく
の間、というより延々と
歩いていきます。









広島国際学院大学前。

キレイな校舎が見えました。













安芸山陽道に入って
30分程で左手に
JR東中野の駅。














八本松駅から全く迷わずにここまで歩くことができました。
ちょっと不安だった大山峠もきちんと整備されていましたし。



次(八本松〜五日市 中編)へ    西国街道(旧山陽道)のトップへ