×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


西国街道(旧山陽道) その16
徳山〜四辻(後編)






玉祖神社の前、この二股は
右方向へ。














道なりにいくとまた二股が 現れますので、ここも右。
















玉祖幼稚園、玉祖保育園前を
通りすぎ、またまた二股。

今度は左。












玉祖神社の大きな常夜燈が
ありました。

笠の部分の横の石が立派。













その先、佐野の一里塚。

そういえば、長い間
一里塚碑は見ていなかった
ような‥









しばらく行くと右手に池が
見えてきます。
ここは池を回り込むように
歩きます。
2つのガードレールの間を
歩く感じです。







池の畔には

「旧山陽道 岩淵←→佐野」と
書かれた案内板もあり。








池を回り込み、ここから
左手の山道に入ります。













いい雰囲気の道になりました。
要所には丸太の階段もあり、
キッチリ整備されています。

防府ロータリークラブの方々が
整備されたようです。
助かりますね。
ありがとうございました。





少し急な登りですが、
実際に歩いている時間は
5〜6分ぐらいです。














登りきったところは
広場というか展望台の
ようになっています。

天気が良ければ九州の
国東半島まで見える
そうです。









そこには籠立場と
書いてありました。
見晴らしがいいことから、
ここで籠を降ろして
大名たちが休憩したところ
だそうです。

先程の浮野峠を降りてきた
所にも籠立場がありました。

籠を担ぐ方も休憩しなけりゃ
もたないでしょうしね。




籠立場の南側、下る舗装道が
あります。こちらの道は誤り。

途中まで下ってしまい、
おかしいと気が付き
戻りました。









正しい道は籠立場の北側に
ある貯水施設の方に
歩いていきます。
よく見れば、防府RCの
方が作られた看板が
ちゃんとあった‥








貯水施設を回り込むように
道が続きます。














また地道になりました。

山陽道の佐渡川SAを
回り込むように山道は
続きます。









ところどころぬかるんで
いましたが、
丸太が渡してありました。

助かります。









籠立場から15分ほどで
舗装道に合流。














山陽自動車道が見えて
きますので、
高架をくぐります。












高架の先すぐ二股に。

ここは右へ。














しばらく歩くと右手に
周防三孝女 石川於石の碑。

パッと見たとき、何故か
「石川於石」が「石川啄木」に
見えてしまいました。










国道2号線にあたる手前、
横曽根川は道がゴチャッと
しています。
国道2号線の向こうに渡る
必要があります。

簡単なのは2号線を直接
横断することですが、
信号や横断歩道はなく、
またパトカーがずっと
待機していました。

仕方なくトンネルを探して
2号線の向こう側へ。


2号線の向こう側に出ると
こんな感じの道。

この木の左側にある道に
出たいのですが出口が
ありません。

無理矢理木の隙間に体を
ねじ込んで本来の道に。







出たかった道はこんな感じ。

この先、左斜めに伸びる
細い道がありますので、
そこを入ります。












細い道が県道25号線に
あたります。

そこの角には山口道と
書かれた道標。











大東の集落を抜けていきます。
















山口道の道標から10分程で
国道2号線に合流。














国道2号線を少しいって
ここから左の側道へ。















側道に入ってもすぐ2号線に
戻りますが、今度は反対側の
右斜めの側道へ。

車はガンガンくるのですが、
信号や横断歩道はないので
ご注意を。







2つ目の側道に入ってすぐ
右手には津山神社。















また2号線に合流。

合流する直前ぐらいから
長沢池が見えてきます。












長沢池沿いの2号線を歩き、
コスモ石油の手前を左折。















またまた二股。ここは右へ。

なんか二股が多いような
気がしますね‥











その後山陽本線の踏切を
渡ります。














また出た。(笑

ここは右。
その後踏切を渡ります。










道端には小さなお地蔵さん。
















2号線に戻りました。

ここは左折。













今宿東の交差点の手前、
国道は右へカーブしますが、
まっすぐに伸びる旧の国道が
あるのでそちら方向へ。











さらに分岐が続きます。
ここは左側の細い道へ。













まっすぐ歩いていくと、
県道194号線の高架橋の
ところで道は右に曲がります。

写真の左に見える公園の先を
左に曲がると‥











正面に歩道橋が見えます。

この歩道橋の左側が
JR四辻駅。

この日の予定はこれで終了。










改札は南側にしかないので、
地下道をくぐり反対側に
出ます。














四辻駅。

無人駅でした。













駅にあった時刻表。
ところどころテープで隠して
あるのがわかるでしょうか。
この時は大震災の影響で、
JR西日本も間引き運転中
でした。








東日本大震災では東北・関東地方を中心に鉄道にも大きな影響を与えました。
直接的な被害がなかった西日本ですが、大震災の余波を受け、JR西日本でも運転本数の削減や
特急列車の編成両数短縮や、臨時列車の運転取り止めをなどが行われました。

直流電動機ブラシという消耗品を作る工場が被災し、部品が手に入りにくくなったというもの。
また運悪く、この部品が一社寡占状態だったため、他からの調達が困難だったようです。

この間引き運転は2011年4月2日から行われたのですが、関係各社の努力により
4月7日で終了し、8日からは通常ダイヤに戻りました。

6日間だけでしたが、ちょうどその6日にあたってしまいまいました。
ただ、間引き運転は事前にわかっていたので、慌てることはありませんでした。





四辻駅のホーム。















駅に到着して5分ほどで
列車がきました。

山陽本線で車を停めてある
徳山駅まで戻ります。














JR徳山駅から四辻駅まで。約42km、8時間15分、57300歩でした。
繰り返しになりますが、浮世峠の道はなかなかよかったです。
計算上、残りは70kmちょっと。回数にすれば2回の計算。
ここまでくると、さすがに日帰りはかなりきつくなってきました。
なので1泊して、一気に片付けようと計画中。それも現地までの移動は新幹線で。
費用のかかる旅になりますが、最後ぐらいはいいかな、と思ってます。



次(四辻〜厚狭 前編)へ    西国街道(旧山陽道)のトップへ