×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


西国街道(旧山陽道) その17
四辻〜厚狭(中編)






峠を越えてすぐ、国号から
分かれてご覧のラブホテルの
前の道に入ります。

カップルの車がこの側道に
入ればかなり羨ましい
怪しいですが、
オッサンが一人で歩くなら
何も怪しくありません。(笑




国道の喧騒から離れた道に
なりますが、すぐ2号線に
合流してしまいます。












2号線を行くと右手に大きな
鉄塔が見えてきます。

歩道は左側しかありませんが
鉄塔の下辺りで道路の右側に
移るほうがいいです。
というのも‥







やがて右側の山肌がコンク
リートで覆われているよう
になり、その切れ目の
ところに来ます。

コンクリの山肌の向こうに
看板の裏側が見えますが‥





看板の裏側から奥をのぞくと
こんな感じ。
ここを入っていきます。

道なんかないようにも
見えますが‥








草をかき分け、中に入って
みるとこんな感じ。
後は普通に歩けます。











事前情報では結構道が
荒れている、とのこと
だったのですが、
たぶん、どなたかが整備して
くれたのでしょうね。
歩きやすい道が続きます。









道には一定間隔で杭のような
ものが打たれ、丸太で簡易の
橋を渡しているところも
ありました。











ここも事前に調べた時には、
難所かな?と思っていた
のですが、特に迷うこと
なく歩くことができました。









視界が開けました。
このまま道なりに左へ
カーブし、舗装道と
合流します。









国道2号線の上山中の
交差点のすぐ手前の道へ
入ります。

写真の真ん中にある左カーブ
の矢印の右側の道。









上山中の集落に入り、
すぐ右手には熊野神社。

ここはツルマンリョウという
植物の自生地で、県の天然
記念物に指定されています。










上山中の集落を抜けると、
甲山川にあたります。
ここは橋を渡らないで、
右折して川沿いに歩いて
いきます。

正面に見える小さな小屋には
お地蔵さんがいます。






川沿いに歩き2号線を越え
反対側に出ます。













その後もその後は川に沿って
歩きます。

田んぼと川。
いい雰囲気ですが、2号線が
すぐ横なので音はうるさい。










つるや食堂のところで一度
2号線に出ますが、ここで
再度左の側道へ。












のんびりした道が続きます。















小さな橋の袂には庚申碑。
















その後2号線に合流し、
下山中の集落に入ります。

建物の前に白い標柱があり、
よく見ると山中本陣跡、
とありました。







その後はしばらく2号線を
歩き、写真の車地の
交差点を左折。












そのうち厚東川に当たり
ますので、そこからは
川沿いに南下します。













左手には「男山」の醸造元、
永山本家酒造。














永山本家酒造の先、すぐの
木田橋を渡ります。

ここまででスタートから
20km。3時間50分ほど。
なかなかいいペース。








二俣瀬の交差点で2号線を
斜めに横断。













斜めに横断してすぐ、
左手に秋葉神社。














少し行くと庚申碑。
この先で国道2号線に
合流します。










国道に合流して3〜400m
ほど行き、ご覧の場所から
右斜めの側道へ。












瓜生野区の集落へ。
















旧道に入り2〜3分で右手に
瓜生野区公会堂があります。
公会堂の敷地にご覧の標柱が
ありますのでその先の道へ
入っていきます。







標柱を曲がったところは
こんな感じ。

ここから「どんだけ道」を
目指します。










道はすぐ地道になります。
2〜3分行くと‥












大歳神社。














公会堂から歩いてきて、
まっすぐ見るとこんな感じ。

正面に横切っている舗装道の
向こうに白い標柱が見えます。









その標柱の横から登って
いきます。

標柱には「殿様道」や
「玉木坂」の表記も。
この道はいろんな呼び方が
あったようです。









ご覧のような道を登って
行きます。

整備されており迷うことは
ありませんでした。








坂を登りきるとご覧の二股。
これは右へ。
左に行くと墓地になります。













二股のすぐ先、道の右側に
変電施設があり、その先の
道が分かれていました。

ここでどちらに行くか
ちょっと悩んだのですが、
方角からすると直進方向
なのでそちらに進むことに。
結果、正解でした。



山道をどんどん行きます。
















途中からこんな道で
下りが続きます。
途中一か所、四つ角が
ありますがそこは直進します。









春日の集落まで
下りてきました。













すぐに四つ角になります。















交差点のところには「道路史跡 山陽道跡」の標柱。
こちらの標柱には「どんだけ道」の表記が。















標柱から直進し、大坪川を
渡ります。
その先、真ん中に見える
トタンの切れ目の所に
入っていきます。









大坪川と平行するように
こんな道が続きます。












ここも道は整備されており
なんの問題もなく歩く
ことができました。













舗装された道に出ました。

この先国道2号線に当たり
ます。











国道2号線を右折して
西へ歩いていきます。












右手にセブンイレブンの
ある下岡交差点の先、
ここで左の側道へ。













2号線から看板の裏に入っていく道や、どんだけ坂は一応覚悟して臨んだのですが、
どちらも整備されていて特になんの問題もありませんでした。
ここ数年でいろんな峠や山道が整備されてきているようです。これも歴史ブームの一環でしょうか。




次(四辻〜厚狭 後編)へ    西国街道(旧山陽道)のトップへ