×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


西国街道(旧山陽道) その2
高槻〜西宮




使用マップ(大阪府)

高槻市山手町〜茨木市豊川   茨木市豊川〜箕面市瀬川   箕面市瀬川〜西宮市上大市


西国街道の続きを歩きます。前回終了地点の高槻・芥川一里塚から。朝の7時すぎにスタートしました。

芥川は12世紀ごろには宿として成り立っていたそうですが、きちんと宿場町としての姿を整えたのは
17世紀の初め、江戸時代になってから。

19世紀前半には旅籠33軒、家数も253を数えるほどの大きな宿場町だったそうです。

新しく買ったオモチャ、GPSロガーをこの日の歩きから投入。

どれだけの精度があるのか、楽しみです。





芥川を渡ります。

天気がとてもよく、
気持ちいいのですが、
歩いたのは8月下旬。
何度まで気温が
上がるか心配です。






ずっと住宅街の中を
歩いて行きます。

太田茶臼山古墳の南側を
しばらく行くと東芝の
工場が見えてきます。

その右手には
太田神社の参道。







しばらく行くと右手に
地蔵堂。

敷地内には老人クラブの
集会所もありました。

地蔵堂の敷地に集会所か、
集会所の敷地に地蔵堂か、
どちらかはわかりません。




老人クラブの敷地には
大きな倒木がありました。
生えていれば立派な
木だったでしょうね。









安威川を渡り、名神高速の
高架をくぐって少し行くと
右手に阿為神社御旅所。

阿為神社はここから
1.5kmほど北側にあります。







御旅所からすぐのところに
妙法山法華寺。














茨木川まできました。
この辺りは白井河原合戦が
あった場所。かなり激しい
合戦だったようで、この辺り
一面血に染まったと
いわれています。

モチロン、今はその面影は
ありません。




府道110号と交差する
所には中河原の道標。

西国街道と難波宮からの
三嶋路、亀岡・福井への
清坂越道と、主要幹線の
拠点だったようです。




国道171号線を北東から
南西方向へ横断し、
郡山宿本陣へ。

京都〜西宮間では、山崎・
芥川・郡山・瀬川・昆陽の
5つの宿駅があり、
ここ郡山はちょうど中間。








本陣は1718年に類焼にあい
焼失してしまいますが、
3年後の1721年には西国
諸大名の寄付などにより
再建されます。

この建物は1721年に再建
されたもの。









勝尾寺川にかかる橋の
欄干にはこんな細工が。

こんな配慮はいいですね











大阪モノレールの豊川駅の
高架をくぐり、しばらく
行くと小野原地区に入り
右手には春日神社の御旅所。

もうこの辺りは高槻市から
茨木市を越え箕面市です。











小野原辺りも下は石畳。

できることなら、他の場所と
同じ石畳にして統一感を
出して欲しいのですが、
自治体が違うとそうも
いかないのでしょうね‥







府道120号線を越え
さらに西へ進んでいくと
勝尾寺の参道が
右手に見えてきます。

勝尾寺への道はいくつか
あるようですが、ここ
新家の大鳥居を基点に
して向かう道が表参道。

ここから勝尾寺までは
4kmほどの道のりです。



西国街道は国道171号線の
すぐ南側を平行するように
続いてます。

府道119号線を越え、
新御堂筋の手前で
国道171号線に合流。

この地点でスタートから
2時間半。




新御堂筋をすぎ、最初の
細い道を左へ入ります。













萱野地区に入りました。

この辺りも立派な旧家が
残っています。












萱野三平旧邸。

三平は赤穂藩士で、
大石内蔵助を中心とした
仇討ちの同志に加わろうと
しますが、父親の反対にあい
参加できず、苦心のすえ
ここで自害したそうです。






家、松、石垣がきれいに
調和しています。

こりゃ見事。









牧落の交差点の手前で
再び国道171号線に合流。
別にミスタードーナツの
回し者ではありませんよ。

国道の牧落交差点を過ぎて
すぐの右斜めへ延びる
側道へ入ります。








牧落の旧札場。

幕府や領主から出された
命令・規則などの御触れを
書いた木札・貼紙をここに
掲示して、村民たちに
知らしめたそうな。

町内の掲示板なんぞ、
今もいろんな場所で見ますが、
昔とやり方は一緒なんですね。





この辺りもきれいに
舗装されていました。















阪急の箕面線の踏切を越え、
しばらくはまっすぐな道を
歩いていきます。












阪急桜井駅の北側を通り、
しばらく行くと瀬川本陣跡。

1700年代には半町も瀬川
本陣同様の旅舎を造りあげ、
半町本陣とも呼ばれて
いたそうです。










箕面川の手前で南下し、
阪急の踏切を越え、
一旦国道171号線に合流。

でもすぐ右側の側道へ。

側道に入って左手には
春日弁財天社があります。







阪急石橋駅の南側の交差点。
国道171号と176号が
交差します。


ここまででスタートから
3時間半弱。









先程の交差点から南西へ
延びる側道に入ってすぐ、
阪急宝塚線の踏切の手前に
旧石橋村の高札場跡。

ここは西国街道と大坂と
能勢方面を結ぶ能勢街道が
交わったところ。

「江戸時代の高札を復元」
とありました。

どんなものなのかな?



???

どれだ???

左手にある案内板が
それでしょうか?









その後住宅街の中を歩き、
中国自動車道を越え、
しばらく行くとまたまた
国道171号線に合流。

伊丹市に入りました。

まだ時刻は11時なのですが
気温は既に35度‥





写真の軍行橋の手前で
兵庫県に入りました。
ここでスタートから4時間。
遠くに六甲の山並みが
きれいに見えます。

あまりの暑さ故、かなり
水分も接種しましたが、
自動販売機がそこら中に
あるのは助かります






伊丹空港がすぐ近くなので、
軍行橋が架かる猪名川には
誘導灯が。

夜に通ると結構きれい。








兵庫県に入ると、案内板の 形も変わっていました。

このような案内板を整備
するのは県単位ではなく
市単位ですね。

なので、ちょっと歩くと
案内板の形が変わって
いきます。




伊丹空港が近いので
頭の上を飛行機が頻繁に
飛んでいきます。

やはりかなりうるさい。










県道13号線の手前で
多田街道と交差。

多田街道の一部は伊丹市の
都市景観形成道路に指定
されており、キッチリ
整備されていました。









多田街道へ少しそれてみると
こんな水車小屋が。














多田街道との交差点から
少し行き、県道13号線を
越えると伊丹坂。

坂と行ってもホンの一瞬の
上り坂。








大鹿地区に入ってきました。
単なる民間の月極駐車場
なのですが、ご覧のように
白壁で仕切られていたり、
提灯が出してあったり、
なかなかいい雰囲気です。






その近くにあった伊丹
消防団の分団も、
ご覧のような感じ。











県道332号線を越えると
陸上自衛隊の千僧駐屯地。
駐屯地の南側を歩いて
行きます。










京から西宮へ通ずる西国
街道は、現在の国道171号
とほぼ同じようなルートを
通ります。

幹線道路は主要地を結んで
いますので、今も昔も
主要地が変わっていない、
ということでしょうか。







西国街道の一部も伊丹市の
都市景観形成道路に
指定されているようです。
先ほどの大鹿地区も
含まれているようですね。

そのためか、こんな立派な
案内板もいくつか
みられました。





再び国道171号線に合流し
昆陽を抜け武庫川の畔へ。

昔はここに髭の渡しがあり、
このまままっすぐ川を
渡ったようなのですが、
現在は橋がなく、南方の
遠くに見える橋を使って
回り道するしかありません。

暑かったので川をジャブ
ジャブ突っ切っていっても
よかったのですが、
大人なのでやめました。(笑



その回り道用の甲武橋。
山並が先程の軍行橋の
時よりはっきりと
見えてきました。

手前には小さくですが
甲山も見えています。

ここでスタートから6時間。

橋を渡って再び北上します。



武庫川の西岸には報徳学園。

2010年の夏の高校野球全国
ベスト4。

そのほかのスポーツも盛ん。

野球は新チームで練習して
いるかとも思ったのですが、
残念ながら姿は見られず。

報告学園から南西方向へ
進み、西宮を目指します。



新幹線の高架をくぐり、
ドンドン南西方向へ。

道端にはこの辺りの案内が
ありました。

甲東文化財保存会が
建てられた案内板。

こういう人たちのおかげで
退屈せずに歩くことが
できます。

感謝、ですね。


この辺りから曲がり角には
ご覧のような道標が。

わかりやすくてありがたいの
ですが完全に車仕様の道標。

一方通行の道などもあり、
間違えて入ってしまう車は
ないんでしょうかねえ





阪急門戸厄神駅前の商店街。

いつもそうなのですが、
歩きの後半になってくると
写真の数が減ってきます。

後日、まとめてる時に
「イカン、またか‥」と
思うんですがねえ。

といってもどうすることも
できませんね。


厄神道標。

日本三体厄神のひとつの
門戸厄神はこの近く。
なお、正式名称は門戸厄神
ではなく、松泰山東光寺。







西宮中央公園のところで
国道171号線を越えて
南へ進路を取ります。







阪急、国道2号線を横切り
JR西宮駅付近へ。
今回はここで終了。

本来ならもう少しだけ歩き、
西宮神社で終了にすれば
区切りはいいのでしょうが‥










高槻からJRの西宮まで35.5kmで約7時間半。46700歩でした。
昼食タイムやコンビニやスーパーへ入っての冷却タイムを除くと、実際の歩行時間は6時間半ぐらいでしょうか。
高槻〜西宮間は地元に近く見慣れた風景ばかりでしたが、歩いてみると小さな新しい発見もありました。
しかしこの日は暑かった。バテバテです。



次(西宮〜三宮)へ    西国街道(旧山陽道)のトップへ